コレクション: 冷や(常温)で美味しい日本酒

常温で美味しいお酒って?


日本酒では、常温のお酒のことを「ひや」といいます。
冷やす「冷や」ではなく、常温=ひやなのです。
今は日本酒を冷蔵庫に入れるのは当たり前ですが、その昔、冷蔵設備がなかったころは「お燗」「常温」の2種類しかありませんでした。
常温のお酒はお燗に比べて熱くない、ということで「ひや」です。
私は常温で美味しいお酒が最強だと思っています!なぜなら…

 

常温のお酒の魅力

・保存が簡単!

生酒ではなく常温でも保存できるお酒の場合、冷蔵庫に入れなくていいので、保存場所に困りません。
藤井酒造のお酒はしっかりした造りなので、常温で保存しても大きく味が落ちることはありません。ただし、お酒は直射日光に弱いので、必ず暗いところで保存してください。
※生酒は必ず冷蔵保存してください

 

・身体に優しい

冷酒の場合、冷たいままお酒が身体に入り、肝臓で処理するまでに時間がかかります。
お酒を処理するには、体温と同じくらいの温度まで温めないといけないので、お酒を飲んでから処理される(酔いが回る)までにタイムラグがあり、気が付くとかなり酔っぱらっている!ということも。
常温のお酒の場合、15~20度で身体に入るので、そこまでのタイムラグはありません。(適当か)

 

・お酒本来の味がよくわかる

冷やして飲む場合、甘みや旨味などを感じ取りにくくなります。アイスクリームなどを想像してもらうと分かりやすいと思います。
(その分冷やすと口当たりや後味がすっきりするといういい点がありますが!)

常温のお酒は甘みや旨みを存分に感じられます♪

 

・すぐ飲める

棚から取り出してすぐ飲める!
お酒好きさんにはかなりのメリットではないでしょうか?
生酒やビールだと、冷やさないといけないですし、お燗だとお湯を沸かして温めないといけません。

特にこのお酒が常温でオススメ

●宝寿 ひやおろし-八反錦-

常温で美味しいお酒の代表格「ひやおろし」!
蔵内の常温(ひや)で保管され、出荷されることからひやおろしと呼ばれています。
常温で飲むと甘みがあり、キレがありながらも円やかな味わい。

 

常温でオススメのお酒はこちら

絞り込みと並び替え

絞り込みと並び替え

12個の商品

出品状況
価格

最高価格はです

¥
¥
ブランド

12個の商品